2014
09.15

ありがとうございました。

Category: カイト捜索
大変遅くなってしまいました。

昨日、大方のチラシ剥がしが終了し・・・
ようやくPCの前で皆様にカイトのご報告をさせて頂くことができております。

ただいま

この度はわたくし共の不注意で多くの方々にご心配とご迷惑をお掛け致しましたことをお詫び申し上げます。

カイトはお散歩中の引きもなく、首輪がすっぽ抜けるなど、考えもしないことでした。
しかし、実際には起こった・・・
「うちに限って・・・」と思わず、日頃から首輪の状態、リードの状態、家の中の状態(玄関から抜け出さないなど)、迷子メダルの確認を怠らないように、していきたいと思っております。


8月30日土曜日午後5時半すぎ

カイトは自宅周辺で首輪が抜けてしまいました。
首輪が抜けて最初に目指した場所は、いつものN池公園でした。
公園を目指して走るカイトを多くの方が目撃されました。

カイトが目指した公園はたくさんの屋台、たくさんの人、たくさんの音に溢れた場所になっていました。
カイトが慣れ親しんだ公園ではありませんでした。

このN池公園の目撃情報を最後にカイトの足取りはわからなくなってしまいました。

カイト散歩3

「カイトが居なくなった!」の一報を受け、サンダルを引っ掛け、飛び出してN池公園を走り回った私。
今冷静に考えれば、自転車で行けば、カイトに追いついたかもしれない・・・
ただただ泣きながら「大きい犬を見ませんでしたか?」と聞くことしかできませんでした。

夏休みの終わりにお子さんたちとお祭りを楽しんでいた近所の友人たちも巻き込み、「どうしていいかわからない、どこを探していいかわからない」と泣くばかりでした。

お祭りそっちのけで、カイトを探してくれました。

本当にありがとう。

(まずは保護主のK母さまに電話しなくちゃ!)そう我に返ったのは、しばらくしてからでした。

カイトの一報を受け、カイトの元預りさまである「そらちゃんママ」が直ぐに駆けつけてくれました。
途方に暮れる私をしっかり抱きとめて、「大丈夫だよ、大丈夫」と言ってくださいました。

カイトそらちゃんママ

この日から「そらちゃんママ」は一日もか欠かすことなく、カイト地方に足を運び、搜索してくださいました。
そして・・・ご自宅から遠くはなれたカイト地方にずっといてくださいました。
「そらちゃんママ」がいなかったら、カイト家みんな精神的にもたなかったと思います。

子供たちには「頑張って偉いね。絶対にカイトを見つけるからもう少し我慢してね。」、「カイト見つけるの時間かかちゃってごめんね、今日こそ見つけるからね」と笑顔で言ってくださいました。

子供達は「そらちゃんママがいると安心する」といって心を支えてもらっていました。

そして「そらちゃんママ」のお嬢さんTちゃん。お仕事が忙しい中、よく来てくださいました。地図がよく読め、地元の私よりも地形を把握してカイトが潜んでいそうな場所を考えてくれました。地図を見て場所の説明をしていると、どこなんだかわからなくなる私・・・そんな私にかわって説明してくれました。

毎日、お母さんに無理をさせてカイト捜索をさせてしまってごめんね。心配だったでしょう。たくさん悲しい思いをさせてしまったと思います。本当にごめんね。そしてありがとう。いまでもTちゃん思うと涙が出ちゃうよ。

そしてセンターからカイトの命を救ってくださったK母さま。
毎日保護犬・猫ちゃんたちのお世話もあるのに長距離を車を飛ばしてきてくださいました。

「とにかくビラを撒いて、ポスターを貼って、多くの人に知ってもらう」そのことをずっと言い続けてくださいました。
この行動が今回のカイトの再会を引き寄せてくれることになりました。
精神的にも、肉体的にも大変な毎日だったと思います。本当に申し訳ありませんでした。

K母さまを囲む、心強い方々。
Fさん、ワンのろさん、Nさん。

ほとんど毎日のように来てくださり、カイトが反応するようにワンちゃんも連れて歩いてくださいました。
カイトの目撃情報が早朝か、深夜だったため、その時間帯に合わせて来てくださいました。

今が何日なのか、何時なのか、わからないぐらい動き回ってくださいました。

本当にありがとうございました。

カイトがいなくなってまもなくしてお集まりいただいたのが「アニマルハートレスキュー」の方々。
1枚50円のカラーコピー。1000円入れると何枚印刷できるかも考えられないくなっている私でしたが、みなさんはどんどんポスターを貼り始めてくださいました。

早朝のワンコのお散歩の方々の目に止まるように・・・と。
雨が降ったらということも考えて、ビニールに入れてポスターを貼ってくださいました。
N池公園に行くと、必ずどなたかにお会いして、私が知らないところでもいつも活動してくださっていました。
お一人お一人にお礼を申し上げられず、すみません。

雨の朝・・・「カイト君らしき犬が通り過ぎた」との通報を受け、傘を持って走っていくと・・・
片手に肉まん、片手に地図を持って捜索してくださっている「アニマルハートレスキュー」の方とお会いしました。
本当に頼もしいお姿でした。

本当にありがとうございました。


カイトは我が家に来て、まだ2ヶ月。
カイトが知っている場所はN池公園周辺のみ。

いつものお散歩コースを外れてしまったら、きっと場所がわからなくなってしまう。
そんな焦りが日々押し寄せてきました。

目撃情報がなかなか寄せられず、ポツポツと寄せられる目撃情報が遠くであれば、捜索範囲を広げなければカイトの行動をカバーできないのではないか・・・と、みなさんが心配されてたかと思います。

カイトの目撃情報はたくさん来る時もあれば、一件も来ない日もありました。

目撃情報を地図に落とすと、カイトの行動範囲が半径2キロから3キロの間に絞られてきました。
中型犬は行動範囲が大きいので、捜索が一番困難とされていると、ペットの搜索に詳しい方に言われたときショックでした。しかし、カイトは通常中型犬の行動範囲と言われている5キロ圏内よりももっと小さく動き回っていました。

目撃情報がだんだんと自宅周辺に近づいてき始めたときに強く思いました。

「カイトはお家に帰りたいんだ!」

不注意で、辛い思いをさせてしまった私たちを一生懸命探している。
だったら、私たちがカイトを探してあげなきゃ!一刻も早く、温かい布団、美味しいご飯のある安心した場所にカイトを連れ戻さなきゃ。

焦りも募る一方でした。

カイトがマンション前に来ているのがわかったのが、深夜の搜索に来てくださったボランティアの方が我が家にチラシを取りに来てくださった真夜中の12時。

一度、子供たちの様子を見に自宅に帰った私の電話が鳴りました。

「カイト君、帰ってきていますよ!今、ポストの前にいます!」

慌てて出て行きましたが、カイトはそこにはいませんでした。
ほんの少し時間がずれていたら、カイトには出会わなかったかもしれない。
Iさんとカイトの遭遇で、事態は一気に動き出しました。

(カイトは自宅を発見したんだ!)

それから毎晩、自宅エントランス前に姿を見せるようになったカイト。
そのカイトの姿をマンションの防犯カメラが捉えていました。

警備員さんも防犯カメラに映るカイトの行動を教えてくださるようになりました。
本当にありがとうございました。この情報がどんなにか私たちに希望を与えてくれたことでしょう。

当初、私たちはこう考えていました。

カイトに遭遇できたら、カイトは喜んで走ってきてくれる!・・・と。

しかし、マンション近くに現れたカイトが偶然カイトパパと鉢合わせしたとき・・・
カイトは警戒し、最終的には走り去ってしまいました。

走り去る時の遠吠えはいまでも耳に残っています。
私には非常に混乱した、胸が痛くなる声でした。聞いたこともない声でした。

ここから、カイトは平常心ではない。たとえ私でも、そらちゃんママでも姿を見せたら逃げてしまうのではないか・・・
という不安がみなさんの心によぎったと思います。

次の日、日中は動きの無かったカイトがお昼過ぎにマンション内に現れたのです。
カイトの中では自宅の場所を「確信」出来ていたのでしょう。

しかし、そんな時に限って、私はマンションから離れた場所にいました。

この日の夜は車の扉を開け放し、カイトが中に入るのではという作戦でした。

車をマンション前に置いて、子供たちに夕飯の準備をしようとしていた午後7時電話が鳴りました。

「今、マンションにカイトくんいます!」

マンションから転げでるように、リードとフードを持って出て行きました。
エントランス前に置いた車のドアを開け放し、車にフードを放り込み、通報いただいた場所に走りました。

しかし、通報いただいた場所にはカイトはいませんでした。

今まで通報いただいて駆けつけても、会えなかった経験から、(やっぱり居ないよね・・・)と諦めかけたその時、

「ワン!」

と建物の向こう側から聞こえてきました。

「カイトだ!」

声のする方に走っていくと、そこにカイトはいました!

私もですが、カイトも興奮していて飛びついてきました。
ついたり離れたりしていたので、私は地べたに腰を落としてカイトが落ち着くのを待ちました。

頭を撫でたとき・・・「カイトだ!カイトだ!カイトだ!」と大きな声で泣いてしまいました。

おそらく、ゴミだしされていた方・・・、犬のお散歩で通り過ぎた方・・・がいらしたかと思いましたが、ひと目もはばからず、大きな声でわめいていたと思います。

カイトにチョーカーをかけようとする手も震え、なかなかかけられませんでしたが、カイトは黙って待っていてくれました。

首にスーっとチョーカーを締めた時・・・

頭の中で「無事保護!」という文字がガーンと降りてきました。

カイトもリードを付けたことで安心した様子で、大人しくなりました。

「カイト!やっぱりカイトは家庭犬なんだよね。カイトは家庭犬がいいんだよね。」

K母さまとそらちゃんママにどうやって電話をしたか、覚えていません・・・

おそらく叫んでいたのではないかと思います。
ワンワン泣いていたように思います。

みなさま・・・

本当にご心配おかけ致しました。

カイトは前右足甲の擦り傷と後ろ右足内側打撲がありますが、現在順調に回復しています。

血液検査の結果も全て正常値のため、問題はないだろうとのことでした。

ーカイトシャンプ

ダニだらけだった体もシャンプーをしていただき、フロントラインで綺麗になりました。

首輪

首輪はベルト式に交換しました。

ハーネス

お散歩はハーネスで行くことになったよ。


カイトとチョコ2

いつも通り、チョコに幅寄せしながらのお散歩をしています。

チョコとカイト

お家ではチョコともつかず離れずの距離で一緒にいるよ。
カイトおもちゃ

チョコのおもちゃで遊んだりもしているよ。

カイトそらちゃんママ2

カイトが保護された次の日から、今度はチラシ剥がしのために毎日来てくださったそらちゃんママ。
カイトは嬉しくて仕方ないです。そして我を忘れる・・・カイト!平常心、平常心!

そしてこの方・・・
チョコ喜び

カイトがいなくなった日。
カイトがつけていた首輪の上に丸くなり、玄関から動かなかった。
二日後には下痢をし始めたチョコ・・・

チョコも心配したよね。ごめんね。

カイトの情報を「ぼくらはみんな生きている」に掲載を続けてくださったSさま。
たくさんのお知恵をくださった、みなさま。
ご協力いただいたのに、お会いすることもなく、お礼も申し上げられずじまいになってしまった方々。
高価な捕獲器を無償で貸してくださったSさま。
こちらで応援してくださった方々。

本当にありがとうございました。

カイトを我が家に迎えるとき、カイトに何があっても私が守る!と心に決めて我が家に来てもらいました。
おじいちゃんになって、体が不自由になっても、私が介護するよ。

二度と怖い目には合わさないよ。だから、安心してね。
カイトがいないと我が家は不完全なんだよ。

今回のことで嫌というほど味わされたカイトの存在です。

これからもカイトを大切にしていきます。

みなさま、どうもありがとうございました。

文章力がないために、なんだかとりとめもない文章になってしまって申し訳ありません。

カイトの保護主K母さまの「収容犬を救う会」のブログ
ぼくらはみんな生きている

カイトの元預りさま「そらちゃんママ」のブログ
そらとりく、ときどきせんちゃん

毎日のように捜索のお手伝いをしていただいた「ワンのろ」さまのブログ
ワンと共にのろまな暮らし

どうぞ、ご覧になってください。


トラックバックURL
http://watahiro2217.blog.fc2.com/tb.php/34-f977370c
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.09.15 07:07 | 編集
鍵コメさま

コメントありがとうございました。

ブログの方に飛ばせていただき、私たちの知らないところで、こんなに捜索して下っていたのかと胸が熱くなりました。

本当にありがとうございました。

まさに、カイトが走ったであろう場所をくまなく探してくださいましてありがとうございました。

リンクの方全く問題ありません。

お礼を申し上げらていない方々に少しでも届くと嬉しいです。

ありがとうございます!
chocoとkitedot 2014.09.15 07:52 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.09.15 09:57 | 編集
鍵コメさま

ご自身のお話ありがとうございました。

本当に、今でも、いなくなった時の恐怖はぬぐい去れません。
でも、常にこの緊張感をもっていることも私たちには必要なのかもしれません。
心してお世話をしたいと思います。

本当にたくさんの方々にお世話になりました。

ご自身のブログにも載せていただき、ありがとうございました!
感謝しております!

温かく見守って下さり、ありがとうございました!
chocoとkitedot 2014.09.15 14:42 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.09.15 14:56 | 編集
チョコとカイトとW家の物語、
これからのブログ楽しみにしてます。
葎楠パパdot 2014.09.15 22:09 | 編集
鍵コメさま

コメントありがとうございました!

11日間に渡る捜索のご協力本当にありがとうございました。
カイトを心配していただき、心強かったです。

これから貴ブログの方にお邪魔させていただきたいと思います!
お近くにお越しの際は是非、カイト家に遊びに来てください!

お待ちしております!
chocoとkitedot 2014.09.16 05:41 | 編集
葎楠パパさま

この度は、本当にお世話になりました。

ありがとうございました。葎楠パパさまとはお会いできませんでしたが、
お嬢さんの本当に細やかな心配りに胸を打たれました。

これからもどうぞ、カイトとカイト家をよろしくお願い致します。

お会いできる日を楽しみにしております!
chocoとkitedot 2014.09.16 05:44 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.09.16 11:01 | 編集
鍵コメさま

ありがとうございます。

そして、ご心配おかけして申し訳ありませんでした。

お散歩に行くとまだまだ緊張感が走ってしまいます。
元気にこうやってまたお散歩できるなんてなんて幸せだろう、と思うと急に涙がこみ上げてきたり…

カイトにゆっくりのんびり愛情を感じてもらえるようにお散歩しなければですね。

ありがとうございました!


chocoとkitedot 2014.09.16 13:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top