2016
02.03

犬と人&コチ丸捜索のお願い

Category: 考える
」の字ペアは日ごとに絆を深め・・・

IMG_7116.jpg

日々、美しい「」の字のフォーメーションを作り出すようになってきました

そこに・・・

何気なく近づく大きな方・・・

IMG_7120.jpg

「カイト、どうしたのぉ?」と笑って聞いてしまった。

すると・・・こんなかわいい顔で

IMG_7118.jpg

と訴えているかのよう(笑)

可愛いなぁ~と思いながら、お茶碗洗って・・・リビングを覗くと・・・

IMG_7124.jpg

カイトが、まおちゃんベッドで寝ていた~

IMG_7122.jpg

だいぶはみ出てるけど・・・どぅ?(笑)

IMG_7126.jpg

だいぶはみ出てるけど・・・(笑)

カイトもちゃんとまおちゃんとシンクロしているよ♪


まおちゃんはソファーの上でもよく寝るようになってきました。

IMG_7128.jpg

特にYちゃんが脱ぎ捨てた、ジャンパーの上に寝ていることがよくあります。

ものすごい熟睡です

IMG_7127.jpg

しかし・・・

まおちゃん、脚長いな・・・

IMG_7131.jpg

カイトとチョコは絶対にこんな風にはならない・・・



さて・・・

本日のお散歩での出来事。

N公園の森の道で・・・お友達と会い・・・お話をしてたら・・・

ガウガウの犬が通り過ぎました。

私も全然気づかなかったのですが・・・通り過ぎた犬の様子から・・・

きっと後ろでどうやって通り過ぎようかと・・・

飼い主さんが思いあぐねていた間に・・・どんどん興奮が高まっちゃったのかな。

ごめんね。

このとき、私はしゃがんでいたため、急にカイトがその犬に勢いよく走っていきました。

私も急だったので、体制立て直せず・・・座ったままカイトを制止する形に。

たとえガウガウと出会っても、いつも無視だし・・・

カイトがあんなに引っ張って吠え立てるなんてことは今までありませんでした。

理由は私にあります。

ここ1週間、心奪われることがあり・・・

ちょっと心が弱くなっていました。

犬は本当にすごいなと思います。

人目線で言うと・・・弱っているおかーさんの代わりに頑張ったとでもいうのでしょうか・・・

でも・・・そうではなく・・・お散歩のリードを持つ人が頼りないと・・・

そこに従わなくなるのです。

お散歩から帰ってきても・・・

(カイト~、ごめんよ。おかーさん頼りなくってね。)って反省。

でも、でも・・・

人間だもの。そんな時もあるよね、明日からはまた、おかーさんは、君たちの安全を守りながら、しっかりリードを握るから。

安心して歩いておくれよ。

今日はごめんよ、カイト

そんな私・・・今日はズボンのベルトも開けっ放し・・・コンビニに手袋置き忘れ・・・
赤信号を渡ろうとする・・・などなど・・・集中力ゼロ

今日は早めに寝よう。


まお♀2~3歳 フィラリア(-)


絶賛里親さま募集中です

まおへのお問い合わせは・・・ぼくらはみんな生きているにありますメールフォームより、お願いいたします。



お願い



保護団体PEACE TAILSの卒業犬「コチ丸くん」が迷子になっています。

コチ丸


目撃情報がとても少ないです。

小さいことでも構いませんので・・・上記の犬に似ている犬をお見かけになりましたら・・・
どうぞ、写真を撮っていただき・・・ポスターにあります電話番号までご連絡くださいますよう・・・
お願いいたします。
(現在似たような虎柄の子が数頭迷子になっています。)


随時、捜索状況がPEACE TAILSブログ←にて更新されています。最新情報をご覧になった上で・・・

どうぞ、みなさまの目を貸してください。

お見かけになった方は・・・

ご連絡頂けますよう・・・

お願い申し上げます。

今夜からまた寒くなります。

どうぞ・・・一刻も早く暖かいところへ・・・


コチ丸君!みんなが心配してさがしてるんだよ!早く出ておいで!!



里親会のお知らせ

主  催: いばらきの犬と猫
日  時: 2月 6日(土曜日)( 毎月第1土曜日) 13:00~15:00 
開催場所: 茨城県笠間市吉岡11-8(旧ガソリンスタンド。青い旗が目印)
詳  細: いばらぎの犬と猫ホームページをご覧ください。


主  催: 収容犬を救う会
日  時: 次回は 2月7日(日)
開催場所: JR柏駅東口デッキ
詳  細: 収容犬を救う会ブログ「ぼくらはみんな生きている」をご覧ください。

テント&ゲージ搬入搬出時のお手伝いを募集しています。どちらか一方だけでも結構です。現地でお声をかけて下さい。

主  催: ねこかつ
日  時: 2月21日(日曜日)12:00~16:00(雨天中止)
開催場所:埼玉県川越市新富町1-10-1川越小江戸蔵里
詳  細: ねこかつさんのブログをご覧下さい。まお参加予定


主  催: アニマルハートレスキュー
日  時: 毎週土曜日 13:00~16:00
開催場所: 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎東5-2-16 ノーティ・ドッグクラブ
詳  細:アニマルハートレスキューさんのHPをご覧ください。

幸せなご縁を待っているかわいい犬猫に会いにいらして下さい。
会ってみたい仔がいるけれど、日程が合わないという方はご相談下さい。






Comment:2  Trackback:0
2016
01.25

里親会(番外編)&コチ丸捜索のお願い

Category: 考える
1月24日の「ねこかつ」さん主催の里親会には・・・

IMG_6989.jpg

ペロともぐたんも応援に駆けつけてくれました

もぐたんはとってもシャイな子で・・・

1月のwoofで会った時も・・・
私の手からおやつを食べることはありませんでした。

IMG_6985.jpg

でも・・・でもですね!!

今回、会った時は・・・

なんと!頭もふつーに撫でさせてくれたし・・・

おやつも食べてくれた!!

いいぞ!もぐたん!

IMG_6984.jpg
まおちゃんともご挨拶

そして・・・

もう・・・すんごいビビりっこだった・・・

ピッチャー

IMG_6992.jpg

まぁ遠くを見てますが・・・

ちゃんと頭を撫でてもらったりできる

ピッチャーはこはひめさんに面白おかしく・・・

びびりを克服させられてるしてもらってる

ビビりっこは・・・

ずっとびりびりのビビりではないってことです

でも・・・

ビビりっこは・・・

なぁ~んにもしないと・・・

やっぱり自然にビビり返上といういうわけには行かない・・・

IMG_6982.jpg


ビビりの子たちが、周りにおびえる姿や・・・

慌てる姿を見ると・・・

つい・・・

(怖いのね・・・かわいそう・・・)って思ってしまいがちなのですが・・・

そのままにしていることは・・・

犬たちにとって・・・もっと大変なことだと思います。

怖いと思っていることを・・・飼い主さんと一緒に・・・楽しい記憶にすり替えていく

そして・・・自信に変えていく・・・

この過程は本当に家族としての絆を深めるものであるし・・・

何よりも・・・うれしくって・・・楽しくって・・・Happyなことであると思います。

私は・・・ワンのろ家の元預かりっこのビビりっ子たちが変わってく姿・・・ピッチャーの変わっていく姿・・・そして会うたびに違う表情を見せてくれるもぐたんに会うたびに・・・

ビビりっ子はずっとビビりっ子じゃないんだなっ!

と思うのです。

そして・・・びびりっ子返上には・・・やっぱり・・・人の助けが必要なんだなっ!

と思うのです。

どうぞ・・・ビビりっ子がいるご家族の方・・・

その子のペースで・・・

少しずつ・・・苦手を得意に変えてあげられるチャンスを作ってあげてください

人も犬も楽しいのが一番

どんどん世界を広げていってください~


里親会が終わったその晩・・・

IMG_7074.jpg

まおは珍しく・・・ソファーの上で爆睡していました(笑)

フロアにある座布団&クッションがチョコとカイトに占領されていたからかな。

・・・で、みんなが一つずつクッションにの上に乗れるように・・・

一つ追加してみた。

IMG_7083.jpg

どうも体的にジャストフィットかというと・・・ちょっと違うような気がするが・・・


IMG_7079.jpg

まぁ・・・

IMG_7078.jpg

よさそうだね。

IMG_7077.jpg





お願い



保護団体PEACE TAILSの卒業犬「コチ丸くん」が迷子になっています。

コチ丸


目撃情報がありません。

小さいことでも構いませんので・・・上記の犬に似ている犬をお見かけになりましたら・・・
どうぞ、ポスターにあります電話番号までご連絡くださいますよう・・・
お願いいたします。


随時、捜索状況がPEACE TAILSブログ←にて更新されています。昨日、今日で未確認ですが。。。情報も寄せられれいるようです。最新情報をご覧になった上で・・・

どうぞ、みなさまの目を貸してください。

お見かけになった方は・・・

ご連絡頂けますよう・・・

お願い申し上げます。

早く暖かく、安全でな場所で・・・休めますように・・・。


コチ丸君!みんなが探しているよ!早く出ておいで!!



里親会のお知らせ

主  催: いばらきの犬と猫
日  時: 2月 6日(土曜日)( 毎月第1土曜日) 13:00~15:00 
開催場所: 茨城県笠間市吉岡11-8(旧ガソリンスタンド。青い旗が目印)
詳  細: いばらぎの犬と猫ホームページをご覧ください。


主  催: 収容犬を救う会
日  時: 次回は 2月7日(日) 予定がわかり次第お知らせいたします♪
開催場所: JR柏駅東口デッキ
詳  細: 収容犬を救う会ブログ「ぼくらはみんな生きている」をご覧ください。

テント&ゲージ搬入搬出時のお手伝いを募集しています。どちらか一方だけでも結構です。現地でお声をかけて下さい。

主  催: ねこかつ
日  時: 2月21日(日曜日)12:00~16:00(雨天中止)
開催場所:埼玉県川越市新富町1-10-1川越小江戸蔵里
詳  細: ねこかつさんのブログをご覧下さい。

主  催: アニマルハートレスキュー
日  時: 毎週土曜日 13:00~16:00
開催場所: 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎東5-2-16 ノーティ・ドッグクラブ
詳  細:アニマルハートレスキューさんのHPをご覧ください。

幸せなご縁を待っているかわいい犬猫に会いにいらして下さい。
会ってみたい仔がいるけれど、日程が合わないという方はご相談下さい。





Comment:0  Trackback:0
2015
08.27

飼育放棄

Category: 考える
お留守番隊としてお手伝いに行くたびに気になっていたトイプードルのくぅ。

くうちゃん3

「お口が出ちゃうから気をつけてね」と言われていました。

聞けば・・・元飼い主さんが「飼いたくなくなった・・・」と飼育を放棄したとのこと。
5年もの間、家族として暮らしたワンを「飼いたくなくなった・・・」と手放せるものなのか。

手放した瞬間、家族だったワンはどうなるか・・・
ちゃん分かっていたのだろうか・・・

漠然とそんなことを考えていました。

IMG_3563.jpg

我が家で3ヶ月を過ごしたくぅは見事に「本当の家族」に見つけてもらいました。
そして「終の棲家」に住まうことができるようになったのです。

正式譲渡になった後も難しさがあったくぅですが・・・
Yさまがしっかりとくぅと向き合って下さって・・・穏やかで、幸せな毎日を送っています。

時折見せる、くぅの色々な面を「新しい発見」と言って喜んでくださるY様ご一家に・・・
本当に感謝の気持ちでいっぱいになります。


くぅが里親さまYさまの元へ巣立って間もなく・・・

また純血種のワンたちが沢山飼育放棄されて、K邸にやってきました。

IMG_3934.jpg
IMG_3938.jpg

この子達のほかにまだ2匹いるということでした。

この時、K邸は子犬や子猫で溢れんばかりでした。
K母は酷暑の中、睡眠時間を削って、子猫や子犬たちにミルクをあげ、里親会、病院へと東奔西走して
活動されていました。倒れてしまわないかと心配になるほどでした。


見ると、若いダッタンはまだまだ毛並みもつやつやして綺麗で元気でした。

でも、K母邸で見るキャッシーはほかの犬たちと遊ぶこともなく・・・
いつも隅っこで寝ていました。

ひとまず我が家でゆっくりしてもらいたいな・・・と思ってキャッシーの預かりを申し出ました。

IMG_4459ー2

結局、キャッシーは我が家でも寝てばっかりでしたが(笑)

とても素敵なご家族に早々に見つけていただいて・・・
ただいま里親さまのAさまの家族になるべく修行(?)中です(笑)

そして我が家に来て、これまた早々に素敵なご家族に見つけてもらった「マル」。

IMG_4729.jpg

里親希望さまのS様のお宅でとってもいい子にしているそうですよ

実はキャッシーと会っていた

キャッシーとマル

キャッシーに「あたちが先に行ってくるね」とでも言われているのでしょうか(笑)


偶然にも・・・

立て続けに我が家の預かりっ子になった子達はみんな・・・

純血種で・・・ペットショップでお金を出して買ったであろうワン達。

そして・・・どの子も5年近く家族として暮らし・・・その後放棄されています。

チョコも今年でちょうど5歳。

色々な思い出もあり、時には頭を悩ませたこともあったっけ。

でも、そんないろいろな一つ一つが今のチョコに対する愛情を深め、絆を強くしたとも思っています。

純血種の子達は被毛のお手入れが必要な子が多いですね。
トリミングなどにお金もかかりますし、小型だからといってお散歩が必要ない訳ではありません・・・

人間とは違う生き物を家族に迎えるのだから・・・

ちゃんとわかってあげた上で・・・ちゃんとお手入れも含めたお世話をしてあげて欲しいです。

保護された子達は・・・大事に育てられてきたんだろうな・・・と思える子は・・・残念ながらいません。

保護の現場はそれはそれは苛酷で・・・

そんな現場に私自身が直接足を踏み入れる勇気はなく・・・

こうやって保護された幸せな子達をほんの少しの間、お預かりして、本当のご家族にお繋ぎするという・・・

幸せな所しか関わっていません。

まだまだ沢山、過酷な生活を強いられている子達がいます。

少しでもそんな不幸なワンやニャン達が減りますように・・・

どうぞ・・・どうぞ・・・

動物を家族に迎える時に、最後の最後まで家族としてお世話する覚悟を持ってお迎えください。

過酷な過去を持った子達だけど・・・

K母に保護されたその瞬間から、その子達の犬生はバラ色なので・・・

私は思いっきり・・・明るくこの子達を、笑いながらお預かりしたいと思っています!!

だって・・・この子達はもう、可哀想な子ではないわけですから


「キャッシー」も「マル」、まだまだトライアル中です

引き続き、応援よろしくお願い致しま~す




Comment:0  Trackback:0
2015
07.11

こけこっこー

Category: 考える


「こけこっこー」を最初に見かけたのは・・・


昨年末だったろうか?


寒い季節だったと思う。

お散歩コースのN公園に・・・彼はいた。


ニワトリのこけこっこー

IMG_1686.jpg

かれこれ「こけこっこー」と知り合って(?)半年位になる。

毎朝「こけこっこぉぉぉぉ~♪」という鳴き声が聞こえると、(あぁ、今日も元気だな)と安心した。


人懐こくって、N公園をお散歩する人たちの癒しの存在ともなっていた。

「こけこっこー」はN公園の端っこの場所をあちこち行ったり来たりしている。
夜は木の上で寝ているみたいです。(←すごい)

IMG_1685.jpg


近くで写真を撮る方・・・、餌をあげる方・・・、とても可愛がられている。

別にN公園で保護しているわけではないけれど・・・

きっとN公園の職員の方もご存知だと思います。
一般の方々が作った餌場のようなところもそのままにして下さっています。

昨日の夕方のお散歩の時も・・・

(今日はいるかな??)

と思いながら、歩いていると・・・

前方よりけたたましい叫び声を上げて走る小学4・5年生ぐらいの7人ぐらいの少年たちがいた。
手には1メートル弱はある大きな水てっぽうを持っていた。

そして、その走る少年たちの先頭に・・・

「こけこっこー」がいた

少年たちは「こけっこっこー」を追い回していたのです。

私はとっさに・・・

「ここに住んでるニワトリなのぉ~!!追いかけないであげてぇ!!」

と叫んでしまった。

少年たちはちょっと足を止めたけれど・・・

まだ追い掛け回していました。

ここはN公園の隅っこなので、すぐ下には道路があり、住宅街に出てしまいます。

「道路に出たら、死んじゃうかも知れないからぁ~!!追いかけないであげて!!」


それでも遠く遠く走っていってしまった少年たちと「こけっこっこー」。

子供たちの興奮した声と動き、正面からこちらへ走ってくる「こけっこっこー」、そして叫ぶ私・・・

にもちろんチョコ&カイトもテンションMAX

はっと我に返って・・・

一気に犬たちの興奮を落とす

私が興奮させたくせにね・・・(笑)


帰り道トボトボ反省・・・

(「こけこっこー」大丈夫だったかな・・・、もうちょっと少年たちに伝わる言い方はなかったかな・・・)

このあたりの子供たちにはニワトリは珍しいよね。

興味があるんだよね。

でも・・・「こけこっこー」は生きているんだよ。

水圧の高い水てっぽうで水をかけたり、追いかけたりしたら・・・どうなっちゃうと思う?


もう少し、子供たちに分かりやすく声をかけてあげられなかったかな・・・

反省・・・

IMG_1681.jpg

今の子供たちの世界にはバーチャルリアリティが溢れています。

でも、目の前の生きてる、あったかい動物とは違うよ。

ゲームをリセットしたらまた復活する・・・なんてことは・・・生き物にはないんだよ。

そんなことを考えながら・・・

帰宅した。

小学生と中学生の子供たちに事情を説明・・・

すると、こう言われた。

「言い方が優しすぎるんだよ!!もっときつく言わなきゃダメだよ!死んじゃったらどうするんだよ!!」

と。

(そうか・・・そうなのか・・・結構大きな声で言ったけどね・・・迫力が足りなかったか?)

・・・と再び反省・・・。


でも考えた。

追いかけることをやめさせるだけで・・・

「生きているんだよ」と言うことを伝えられるかな・・・


大人として・・・

どうやったら子供たちにそれを伝えられるか・・・


考えさせられる出来事でした。


そんな「こけこっこー」・・・

IMG_1684.jpg

今朝元気に声が聞こえてきました!

ふふふ・・・よかったね。うまく逃げ切ったか?

頑張って生き抜いておくれ!!毎朝、君の声を聞くのを楽しみにしているよ~♪



さて・・・

トライアル中のくぅですが・・・

Yさまご一家にいろいろ工夫していただいて・・・

少しずつ生活にも慣れてきているようです

くぅの様子を丁寧にお伝えいただき、トライアルを丁寧に過ごしてくださっています。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

こんな素敵な写真が届きました!

2015-07-11-09-15-26_deco.jpg



Yさま、引き続きどうぞよろしくお願い致します。


Comment:0  Trackback:0
2015
06.27

TOHGH LOVE

Category: 考える
ずっと、ずっとこのことを記事にしようと思っていましたが・・・

なかなか思いが一つにまとまらず・・・

のびのびとなってしまっていました。

くぅの「リハビリ」についてです。

振り返れば長くなるので(笑)割愛いたしますが・・・

月に1、2度の仮母邸でのお手伝いの時に見かけていたトイプードルのくぅ。

四月9

噛んでしまうために、譲渡は難しいと言われていました。

でも・・・K邸にいるくぅは・・・

明るく、陽気で、人懐っこいトイプーでした。

(この子はきっと、噛まなくできる)という・・・漠然とした気持ちがありました。

ある時、K母に「くぅをカイト家で預かってもいいですか?」とお願いしたら・・・
子供たちが噛まれることを心配してくださいながらも、我が家で預かることを了承してくださいました。

くぅを迎えに行ったのは、4月5日。

この日からくぅの「リハビリ」が始まりました。

私には『心配なこと』と、『前向きになれること』の両方が心の中にありました。

それは、くぅへの接し方の間違いで「くぅが壊れてしまうこと」への不安と・・・

「くぅのトレーニングをバックアップして下さる方がいる」という希望です。

それは、チョコのトレーニングを考えてから・・・巡り巡ってたどり着いた方・・・
Masumiさんです。

Masumiさんのトレーニング方法も、犬への考え方、接し方・・・全てがストーンと自分の中で落ちました。

Masumiさんは主にアメリカで活躍されている方です。

直接セッションを受けるのは難しいと思いながらも・・・
とにかく、Masumiさんの力を借りたいと思い、連絡を取らせていただきました。

IMG_3576.jpg

メールのやり取りの中で、「預かり専用のメールセッション」があるとご連絡をいただきました。

これは動画を撮って、その動画を元に犬への対応や、心理をアドバイスいただくというものです。

私とくぅを担当してくださったのは、ミオリさん。
Masumiさんのお弟子さんです。

4月の中頃からセッションが始まりました。
途中、MasumiさんのセミナーのJapan Tourがあり、忙しいでしょうに
明るく楽しく、セッションを開始してくださいました。

小さなぶつやきから、大きな疑問まで一つ一つ丁寧に取り上げて、そこにコメントをくださいます。

ときどき動画に映り込む、チョコへのご指摘や、カイトへのお褒めの言葉(笑)

とにかく、くぅのことだけではなく、チョコ&カイト&くぅというパックがまとまるように・・・
尚且つ、くぅへの噛み付きへのアプローチを段階を追ってアドバイスくださいました。

IMG_3578.jpg

犬のリハビリは1日2日でどうにかなるものではありませんね。

犬の状態を注意深く観察し、行動を査定し、丁寧にコツコツとリハビリを組み立てて行われます。

その中で、私の中の心理も変わっていき、良い形でくぅと関わることができるようになっていきました。

それはじわりじわりと日々の関わりの中で変わっていく感じです。

(あぁ!そういうことかっ!!)とだんだんと理解が深まり、それと同時に・・・

くぅの噛みは治まって行きました。

くぅを信頼でるようになりましたし、くぅからも信頼されている気持ちが持てました。

IMG_3568.jpg

くぅの表情はどんどん穏やかになっていきました。

私たち人間もパーフェクトの人なんていません。

犬だってそうです。

苦手な場面があったり、得意なことがあったり・・・

どんな場面でも万能な犬なんていないと思うのです。

そう考えたときに、くぅは「家庭犬」としては十分ご家族と楽しい時間を共有できる存在だと思いました。

思うだけではなく・・・今は確信しています。

そして・・・

犬は人間とは違います。

人間の感情を犬に当てはめて見ると、接し方を誤ることがあります。

まずは、犬を知ることだと教えていただきました。
そして、それは「トイプードルはこう」とか、そんなことではありません。

犬種特有の性質はあるかと思いますが、人間と同じく、みんなそれぞれに違った個性があります。

IMG_3572.jpg

全ての犬を理解できなくても・・・

でも、自らの家族の一員であるワンちゃん達のことは誰よりも理解してあげて欲しいと思います。

くぅは現在推定7歳です。

年齢関係なく、犬は変われます。
くぅはそれを教えてくれました。

犬で悩んでいる方がいたら・・・
まずこちらにご相談されてみてください。

きっと、愛犬を理解するための架け橋となってくださるはずです。


私は10代の頃に、足首を犬に噛まれました。

12針縫う大怪我でした。

それでも犬が大好きです。

「今回のリハビリはカイトママさんとくぅのリハビリですね。」とミオリさんはおっしゃいました。

ふっと恐怖を感じる…そんな私の気持ちも汲んでのセッションでした。

いつ噛まれるかわからないから怖い。
でも、何故くぅが噛む心理に陥るのかということを理解できれば・・・
怖くないのです(笑)

くぅの『噛む心理』に対して、Noと伝えることが出来るからです。

不思議ですが・・・最後の頃は(噛まれてもいいやっ)って思えるようにもなってしまいました


TOUGH LOVE とは・・・私にとって・・・「諦めない愛」でした!

IMG_3580.jpg

ふわふわで可愛いくぅは本当に見たままの・・・
可愛いくぅとなりました

まだまだ、伸び代のあるくぅです。
少しずつ、少しずつ・・・くぅの許容範囲がもっともっと広がっていくことを喜んで下さるご家族の元へ行ったら・・・

きっと、くぅは自慢の愛犬になると信じています。

IMG_3562.jpg

そんな、くぅですが・・・

この度トライアルの運びとなりました

そのため、一旦募集を停止させていただきたいと思います。

くぅを応援してくださっていた皆様。
トライアルに向かうくぅに引き続き応援よろしく願い致します。

そして、くぅの里親希望さま。

トライアルお届けの日まで、くぅを大切にお預かりさせていただきたいと思います。




Comment:10  Trackback:0
back-to-top